企業インタビュー

株式会社ジェイマックソフト

株式会社ジェイマックソフト

支援機関の協力によって
様々な課題をクリアできました。


新潟事業所では、精神障がいの方を1名雇用して1年が経過しました。仕事内容としては、午前中は事業所内の清掃、ポストから新聞や郵便物の取り出し、休憩室のポットへの水の補充、コピー機への紙の補充など。午後はエクセルを使ったデータ入力や資料整理などをお願いしています。それまで他の事業所では清掃スタッフとしての雇用実績があったので、新潟事業所でも当初はその予定でした。支援機関やコンサルタントからの提案をいただいたことで、さまざまな仕事を任せることができています。また、社員向けに障がい者雇用についての勉強会も開催していただき、社員の不安を払拭することにも繋がりました。障がい者雇用は、障がいに対する固定概念や無知がハードルになっている場合もあると思います。外部からのサポートを上手く活用することが、成功のカギではないでしょうか。

株式会社ジェイマックソフト 執行役員 システム部長 渡辺 則之様
株式会社ジェイマックソフト
執行役員
システム部長
渡辺 則之様

CEC新潟情報サービス株式会社

CEC新潟情報サービス株式会社

関わる社員が増えるに連れ、
社内にも変化が見えてきました。


2年前にプログラマとして初の障がい者雇用をしました。彼は統合失調症なのですが、私たちがあまり知識を持っていなかったので、最初の頃は不安もありました。また、個人作業の多い職種なので、周りの社員たちも面倒を見たり、フォローをしたりするということに不慣れです。支援機関の方に勉強会を開いていただき、いくつかのポイントに気をつければ、ほとんど健常者と変わらないということを学びました。雇用後は、社員からの声がけが増えるなど、目に見える変化も出てきています。当社ではプロジェクト単位でチーム編成が変わりますが、それ以前に同じチームだった社員がサポートに入って、うまく連携しています。接する時間が増えるに従ってコミュニケーションが円滑になるのは、健常者と変わりませんね。彼は、実はお酒が大好き。一緒に飲み歩く日もあるほど仲良くやってます(笑)。

CEC新潟情報サービス株式会社システム部 部長兼 東京支店長斎藤 弘様総務部 副部長 諏佐 修様
CEC新潟情報サービス株式会社
システム部 部長
兼 東京支店長
斎藤 弘様

総務部 副部長
諏佐 修様

テンプスタッフフォーラム株式会社

CEC新潟情報サービス株式会社

社内業務の仕分けによって、
任せる仕事が見えてきました。


現在は3名の障がい者(身体2名、精神1名)を雇用しています。雇用に向けた第一段階として考えたのが、どんな仕事を任せるかということ。社員対象のアンケートを実施し、普段の仕事の中からできそうな業務を切り出してもらうことにしました。結果、廃棄文書のシュレッダー処理、郵便物の各部署への仕分け、複合機への紙補充といった業務が出てきました。また、定着への取り組みとして、社員の家族との「交換日記」も実施しました。親御さんも会社での様子は少なからず気にしています。会社だけでなく、家庭とも情報交換して力を合わせることで、より強力にサポートすることができます。障がい者雇用は、社会から企業に対する要請であると同時に、人材確保のために欠かすことのできない選択肢です。就労移行支援事業所と連携して、他社事例を参考にすると、スムーズに進められると思います。

テンプスタッフフォーラム株式会社 取締役人事部長 田鹿 紀之様
テンプスタッフフォーラム株式会社
取締役人事部長
田鹿 紀之様